PCとのファイルのやり取り

 
Android4.0ぐらいから、USBでAndroid機をPCに接続しても、
Android機内のファイルが見えない事があります。
Android機を再起動すると、見えるようになります。

ユーザ様からも、質問があり調べてみました。
これは、Androidの仕様になっているそうです。
以前のバージョンでは、”ストレージ”として
接続できたので、自由に端末にアクセスできました。
ところが、これは危険な操作という事で廃止になったようです。
つまり、USBで接続中に端末もPCも両方でファイルに
アクセスできるので、ファイルやフォルダの構造を
壊してしまう恐れがあるという事です。


これでは、不便なので[Dropbox]などを使用している方も
多いと思います。
下記のページに、"ESファイルエクスプローラ"を使用し
PCとファイルを共有する手順が書かれています。

  http://a.know-how.fc2.com/ja/15122/

 通信環境で、
  1、dropboxなどの、クラウドを使う。
 2、ESファイルエクスプローラやX-ploreで、Wi-Fiで共有する
 
  dropbox、ESでの使い方は、下記を参照してください。

 https://navi.dropbox.jp/android-file-sharing

 http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/392/392511/

 https://navi.dropbox.jp/windows10-file-sharing

X-plore
 https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/androidlab/733363.html


 USB接続は、OSがAndroid6.0以降なら
 下記で可能です。
 https://nj-clucker.com/android-usb-connect-options/

  
PC側のフォルダのセキュリティで、ファイルの変更を
許可しておけば、Android側とPC間でファイルの
やり取りが"ESファイルエクスプローラ"を
使用して自由にできます。



 現場データ、SIMAファイルの保存先について。
 説明書に記載してありますが、質問が多いので。
 
・Android OS4.4以降データの保存先は、本体の内部メモリの
 Asurvey測量 フォルダです。
 「その他」―「バージョン情報」の、DATA:の後ろがパスです。
 
 現場を作成すると、
 Asurvey測量/DATA フォルダの下に現場名のフォルダができます。
 「現場管理」で「SIMA保存」を実行すると 
 Asurvey測量/DATA/○○○○/SIMA フォルダ内にSIMAファイルが保存されます。
 ○○○○は現場名。

・「SIMA読込」は、Asurvey測量/SIMA フォルダにあるSIMAファイルを
  一覧表示し、読み込みます。
  このAsurvey測量/SIMA フォルダ内にSIMAファイルをコピーしておいてください。




AndroidのmicroUSBに挿して、データのやり取りが
出来る機器が、数種類発売されています。

下記の注意点があります。
USBホスト機能に対応したスマートフォン/タブレット
使用可能。

それぞれ、動作確認済みの機種が掲載されていますので確認してください。
他にも、あります。

http://www2.elecom.co.jp/products/MF-SAU308GBKE.html

http://item.rakuten.co.jp/sanwadirect/400-gadr002w/

http://www.green-house.co.jp/products/pc/cardreader/multi/gh-crad-sua/













戻る