便利ツール(ソフト、ハード)

戻る


    ソフト、ハードの便利なツールを紹介します。
   情報の投稿、お待ちしています。




 Todayテーマを自作する

  es さんから、作成方法と直ぐに使用できるテーマを投稿頂きました。
  作成済みのテーマを使用するのは簡単なので、是非使用してみてください。
 

 PocketPC2003
  PocketPC2003 SE
  Mobile 5.0
  にて、使用できました。
 hx4700も使用できます。

 
 作成例にあります、es さん作成のテーマは下記です。
 ダウンロード後、解凍して使用できます。
 PDAでの操作は、説明の最後にあります。

  ace-today.lzh 

  作成したテーマの投稿をお待ちしています。
  

・今回紹介するソフトは「ThemeMaker SE」です。
シェアウェアですがDEMO版を無料でダウンロードできます。

マイクロソフトの提供するソフトは、無料です。
このソフトの使い方は、こちらを参照。

・上記のソフトをインストールできたらまずは画像を用意します。
jpgやbmp等の汎用な画像フォーマットであれば何でもOKです。

・240×320(背景用)と150×290(メニュー用)の二枚を作ります。

・では、順次作り方を説明していきましょう。

・メニューより、[Theme]→[New Theme - QVGA]を選択します。


・次にメニューより、[Image]→[Load Image]を選択して背景用の画像を
 Loadします。


・画像を選択すると、このような画面になります。

・@[Use Main Image in Menu]のチェックを外します。

・A[Load Menu Image]ボタンをクリックしてメニュー用の画像をLoadします。


・画像を選択すると、このような画面になります。

・[OK]ボタンをクリックします。


・これで、背景画像とメニュー画像が組み込まれました。

・しかし、これではまだ上下のバーの色がデフォルトのままなので次は
 この色を調節します。

・メニューより、[Color]→[Auto Colors]を選択します。


・すると、背景画像から判断してソフトが自動でバーの色を選択してくれます。

・さらにバーの色を調整したければバーの部分をクリックすると 色選択の
ダイアログボックスが表示されますので、 任意の色に変更出来ます。
・これで完成です。

・@テーマのファイル名を入力して、

・Aメニューより、[Theme]→[Save Theme (High)]を選択して保存します。

・保存したテーマファイル「***.tsk」をPocketPCの「Windows」フォルダ又は 
「My Documents」フォルダにコピーすれば、PocketPCの[設定]→[Today]で 
テーマ選択リストの中から自作のテーマを設定できるようになります。

・以上、最短で作成する方法を紹介しましたが 他にもいろいろと詳細な
設定ができるようなので各自で試してみてください。
(DEMO版)ではほとんどの機能が使えませんが・・・



 hx4700ケース。


  hx4700用の、SOFT JACKET SET for iPAQ hx47xx を
 試してみました。
 フィット感が良くて、PDAをしっかり持つ事ができます。

 
 
 チャック付の整理パック、100×140mm を使用して
 簡易な、防塵、防水を試みました。


 整理パックに入れたPDAをJACKETに入れます。
 整理パックの横幅が大きいので、テープで止めて
 シワが出来ないようにしました。

 hx4700には、画面を保護するプラスチックカバーが付いていますが
 外しています。
 ケースにも、液晶カバーが付いていますが外しています。

 
 丁度、収まりました。
 直結ケーブルのコネクタ部分はどうしても、防塵、防水とは
 なりません。
 この部分はテープで止めるしか無さそうです。
 
 ケースにはベルトクリップも付いていますが、しっかりした物に
 変更した方が良いです。


 h2210用ケース。


 h2210用の、SOFT JACKET SET for iPAQ rx37xx 
 試してみました。
 間違いです、h2210用ではありません、rx3715 用を無理矢理
 h2210に使用しました。
 サイズ的には、少し小さいかなと思いますが
 問題ない範囲です。

 
 hx4700のケースと同じ素材で、凄く持ち易いです。
 
 rx3715用なので、ボタンの位置が違ったりソフトリセットが押せない、
 カメラのレンズ部分が開いているなど、h2210と合わない所が
 多々ありますが、滑り難くて使いかっては良いです。
 (h2210に合う、整理パックのサイズが有りませんでしたので
  そのまま使用しています。)




USB マルチ・カードリーダ、ライタ
 

 以前はSDカード、CFカードの読み書きにカードアダプタを使用していましたが
 現在はUSBタイプの物を使用しています。
 カードの取り出し、セットが簡単で使い易いです。



マルチタイプなので、SD、CFなど10種類に
対応しています。
使用するのは、SDとCFだけなのですが。

価格も安いので、1個有れば重宝しますよ。

こちらを参照。

”カードの取り出し処理は忘れずに必ずしてください。”



 2004/10/31 現在の手持ちのPDA
 

 先週、h2210 を追加で2台購入しました。 こちらは完全に仕事用です。

  

  さらに、現在の手持ちのPDAです。テストと仕事用。
 左上から、E-80、H3630、e550G
 下の段、 e550CT、h2210、h4150
 ちょっと多すぎなので、近々e550CTとh4150手放したいと思っています。

 



 
 h4150用メタルケースを紹介します。 
 防塵、防水ではありませんが、落としたときや、何かに当てた場合のガードになります。
 当然ケースの分、大きくなります。

 メタルはカッコイイ!
 「オンライン投稿情報 No.3kam さんの投稿をご覧ください。

 メタルケースと h4150

 
 メタルケースの裏側。
 ベルトに付ける、フックが付いています。

 
 カード挿入部分、防塵、防水ではありません。

 
 TS直結ケーブルを挿してそのまま使用できます。

 




  h2210 用ケースを紹介します。 [ACTIVE ARMOR CASE]
 防塵、防水ではありませんが、落としたときや、何かに当てた場合のガードになります。
 また、液晶画面の保護の為にプラスチックの蓋が付いています。
 当然ケースの分、大きくなります。

 全く違う、PDAに見えませんか!。


 ケース(グレーとブルーがあります。) と h2210。

 
 h2210 を装着しました。
 電源ボタンもこのまま押せます。

  
 裏側です。
 サイドは、本体との間に隙間が見えますが、ちゃんとゴムで
 押さえられています。
 
 液晶の蓋を開けたところです。
 偶に、開けるのを忘れてタップしてから気が付いたりします。

 

 TS直結ケーブルを挿してそのまま使用できます。
 これも、ぴったりです。 
 





  株式会社 愛濃技建 様、 Excel-CivilCalk の紹介。
 

  以前より、リンクのページに掲載させて頂いていました、愛濃技建さんの
 MKPさんから、Excel-CivilCalkの計算結果を A-SurveyCEと連動させたいという
 お話がありました。
 先日、完成の報告を頂き使用したところ・・・。
 何と!、A-SurveyCEの現場フォルダが出来上がっているのです。
 CF、SDカードのDATAフォルダにExcel-CivilCalkで作成したフォルダを
 コピーすると・・・。
 そのまま、A-SurveyCEで現場と認識されて直ぐに使用できます。

 Excel-CivilCalk 「ACE変換」手順。

  「座標変換」の中から、「ACE変換」を選択して「OK」

    

 A-SurveyCE での現場名となる名称を入力。

   

 「OK」ボタンを押すと、保存しましたとメッセージが出ます。
  

  以上の操作で、Excel-CivilCalk のあるフォルダに「ROSEN」フォルダが
 出来上がっています。
 このフォルダ毎、CF、SDカードのDATAフォルダにコピーします。
 A-SurveyCEでこの現場を開くと、座標や路線データがパッと表示されます。
 単曲線、クロソイド曲線が表示されたのを見て感激しました。

 Excel-CivilCalk には、F版(フリー)とS版(シェアウエア)があります。

 S版の計算メニューを紹介します。
 路線入力、路線出力、縦断入力、縦断出力、放射トラバース、3D放射トラバース
 逆放射トラバース、後方交会計算、交点計算、垂線計算、座標横断出力
 TXT横断出力、数量計算書、式入力計算書、レベル縦断測量、補正距離計算書
 簡易展開図、重心座標計算。

 さらに、凄い機能がありますので、紹介します。
 Excel-CivilCalk の計算結果と、BBKソフトウェア さんのJudan99が連動し縦断図作成の作成ができます。
 HO-CADと連動し、図面が作成できます。


 愛濃技建の「掲示板」を覗くと今回、数量限定ですが

 「プログラム電卓CivilCalk」 価格 23,800円を購入すると
 Excel-CivilCalk S版が付いているそうです。
  
 また、Excel-CivilCalk S版を購入者で要望の方には
 PcExcel-CivilCalk(PDA-ポケットエクセル) が付属します。

 早々にチェックしてください。



投稿頂いた、ソフトの無断掲載を禁じます。 また著作権は作成者にあります。
使用するに当たり、結果等、あくまでも自己責任で御願いします。              
NO
 
ツール名 
 ダウンロードファイル
機能説明 
他に必要なもの
 制限 
作成者名

 LevelBookCE 
  
ダウンロードファイルに説明書が付いて
いますので参照してください。

「丁張計算」、「水準計算」、「10進60進」
「逆トラバース」、「放射トラバース」
「後方交会」、「座標面積計算」
「ヘロン・台形面積」、「比重計算」ができます。

マクロ、VBAが使用できない、Pocket Excelで
ここまで作成するには大変な労力があったと
思います。
是非、使用した感想などを掲示板に御願いします。
ファイルはPocket Excelの
Bookです。
よって、Pocket Excelが
必要です。
フリーソフトです。
take
さん

2003/05/03
公開




画像の一覧印刷ソフトの紹介  手書きメモの画像を一覧で印刷する。

 例えば、フリーソフトの ALBM を使用してみました。

手書きメモのデータは、画像として記録されています。
この画像を、用紙一杯に印刷することができます。

 プログラムを起動して、「開く」にて 現場の memo フォルダを
選択。
すると、画面に画像が一覧で表示されます。
「編集」ー「全ファイル選択」。
「ファイル」ー「選択画像の印刷」ー「プリンターの設定」ー「プレビュー」で
下記の画面です。
(下記の例は手書きメモのデータではありません。次期バージョンの
 取り説用の画像データです。さて、次の機能は何でしょう?。)


ファイル名も印刷されます。
ファイル名=点名です。
日付も印刷できます。

 プレビュー画面です。






文字入力ソフト   "巡回"さんから、ソフトキーをご紹介頂きました

 iuTAP for PocketPC  

  
 スモールネットワーク社
 画期的な日本語入力方式を採用したソフトです。

 特に、数字は使い勝手が良いです。
 
 ・1機種、1ライセンスで価格は 2,600円ということです。
  上記ホームページでご確認ください。

  ライセンス登録までの制限は、全角の”H” が入力できないだけで
  使用期限はありません。
  是非、お試しください。

  
 




 PDA予備バッテリー
 
 現場にて、万が一バッテリーが切れてしまった場合、これがあれば充電できます。
 バッテリーケースとニッケル水素バッテリーとその充電器です。
 ヤフオクにて、全て購入しました。
 これが有れば、お昼休憩中に充電できて安心です。
 私が購入したものは、PDA側に挿すアダプタの形状が iPAQ H3630ではきつくて
 充電が不安定でした。
 種類は沢山有るので、購入される場合は確実なものを選択してください。
 
 これは、ニッケル水素バッテリーを使用
できるタイプです。
下記の充電器で再充電して再利用できます。
単三、単四のものがあります。
 ニッケル水素バッテリーの充電器です。
電源はPDAの充電器を繋げて充電します。
線の部分が、発熱して熱くなります。
燃え易い物の上には置かないで下さいと
ありました。

これは、市販品がありますから市販品の
方が安全です。
 蓋付き、ON、OFFスイッチ付き。
 もちろん、充電しながらの使用も可能です。
 線の長さを1mにしました。



モバイルプリンター
 製品名
 メーカー
品質、用紙
使用方法
サイズ、重量
価格
  PIXUS 50i  キャノン  4800×1200dpi
A4対応
 PocketPC対応とは記載されていないが
PDAからテキストファイルを赤外線に
出力すると印刷が可能とのことです。

 310(W)×174(D)×51.8(H)
 本体:約1.8kg
定価
44,800
実売
29,000ぐらい。
 MW-100e  ブラザー 300×300dpi
A7対応
PocketPC対応、印刷用ソフトが
付属する。
画像も印刷可能、PocketWord,Excelから
印刷可能。
実際に使用された方は、是非レポートを御願い
します。
 100 (W) x 160 (D) x 17.5 (H)
 300g
オープン価格
実売
28,000ぐらい。


CF、SDカード用カードアダプタ  
既に、使用されている方が多いと思いますが
新たにPDAを使用される方もおられるので
私が使用している、カードアダプタを紹介します。

ハギワラシスコムのCF用カードアダプタです。
今はデザインが変わっています。
PCカードスロットに挿せばそのまま1個のドライブに
なるので、エクスプローラでファイルコピーが
簡単にできます。
SIMA、APAファイルのやり取りや、プログラムの
更新にも使えて非常に便利です。
ActiveSync を使用する必要が無くなります。

 価格は、1,000円以下です。

こちらは、SDカード用のカードアダプタです。
IO−DATA製を使用しています。
使い方は、CFの場合と同じです。

 価格は、4,000円ぐらいだったと思います。

  
  iwasakiさんより、4メディア対応 PCカードアダプタの
 紹介です。
 上のSDカード用のカードアダプタよりお得です。

  ここに沢山、ありました。


AQUAAQUAMAN アクアパック 345
GENIO e550GS
GENIOだと十分に余裕があります。
タップの認識も問題なく使えました。
TSケーブルは無理です。
ストラップが出ている部分で
ガッチリ締め付けて密閉しています。
裏に1cmぐらいの穴を開けてケーブルを
出せばできそうですが、勿体無いです。
TSケーブルを使用しない場合は、
防塵、防水用として有効です。

 みなさん、色々な工夫をされているようです。
掲示版にアスクルのシールパック(葉書サイズ)が
紹介されています。
ホームセンターでB7サイズの冷凍保存用の
パック18枚入りで150円が使えますという報告
もありました。
PAQ3630+ジャケット
PAQ3630+ジャケットではギリギリで
した。






戻る