Android版 横断測量
戻る


            

 横断測量、SIMA観測データのチェックのお願い。

  皆様、お世話になっております。
 昨年末、ユーザ様からAndroid版に横断測量の観測を要望されました。
 横断観測は、多様な測定方法があり複雑ですが約5ヶ月、SIMAの仕様を確認し
 横断測量を作成しました。
 
 横断は「SIMA共通フォーマット」Ver.04 の横断観測データになります。
 TSによる、測定に対応しています。
 この共通フォーマットの、検証をして頂きたいというお願いです。

 「SIMA共通フォーマット」横断観測データ対応のソフトをお持ちの方で
 検証して頂ける方は、下記のファイルをDLし、解凍すると3個のSIMAファイルが
 ありますので、それぞれを読み込んで、お使いのソフトで観測手簿、横断計算書を
 出力し、メールでお送りください。

当方のメールアドレス
a-survey@mbn.nifty.com
(@を半角に変更してください。)


「SIMA共通フォーマット」横断観測データ

   Oudan_Kansoku.lzh   5/30 22:40 更新

 ・NO_0.sim :中心点に器械
 ・NO_1.sim:横断線上 中心杭を後視
 ・NO_2.sim:任意点 中心杭を後視

 上記3個のデータが入っています。

 その他、幅杭や方向杭に据えた場合やA-AdB独自の
 既知点に据えた場合などの観測ができます。
 この既知点に据えた場合は、横断の左右を自動判断しますので
 左右の指定が不要になります。

  Oudan_seika.lzh

  上記3個の、横断の成果のSIMAファイルです。
  検証は、不要です。
  A-AdBで同時に作成されます。
  参考として。






戻る