A-SurveyAd Ver2.5.4〜3.0.9 追加機能


トップへ
戻る


Ver2.5.4 追加機能

・ケーブル接続機能を追加
  BlueTooth接続のみでしたが、ケーブル接続が可能になりました。

 使用機器の環境は、下記になります。
  ・Android機に、[USBホスト](OTG)機能がある事。USBホスト(OTG、USB On-the-Go)
  ・Android OSのバージョンは、4.0 以上である事。
  ・USBシリアルケーブルは、FTDI製のドライバを使用する製品である事。

  
  


・マルチボタンを5個に拡張
1,サーチ
2,追尾測距/停止
3,追尾開始/停止
4,LP/Off
5,GL/Off
6,BT設定
7,色の設定
8,観測手簿
9,その他
10,記録簿
11,現場保存
12,サ+測定
13,画像OnOff
14,杭付加
15,メニュー

 5個のボタンに、それぞれ機能を割り当てる事ができます。
 更に、下記の4個の機能が追加されています。




Ver2.5.6 追加機能

・マルチボタンに[タップ旋回],[ノンプリ],[サ+登録]を追加




・「色の設定」を3個登録





Ver2.5.7 追加機能
・マルチボタンに「選択設定」を追加
「画像View」、「色の設定」を選択



Ver2.5.8 追加機能
・ライン端点の座標登録
 「端点」ボタンを押して、ラインの端点の座標を登録します。



Ver2.5.9 追加機能
・[全体プロット]を追加

   

Ver2.6.1 追加機能
・背景画像の透明度を設定

 透明度、200での表示




・簡易水準の摘要選択を変更




・マルチボタンに、"登録時メモ"と"外部入力"


Ver2.6.2 追加機能
・現場をまたがった継続観測
 今回、下記の条件において現場をまたがった継続観測を可能としました。

・常に、最後に行なった後視観測の情報が有効です。
・現場間で、同じ器械点、後視点が有る事。
・器械点、後視点の座標値が同じである事。(少数以下3桁まで同じである事)
・現場間の継続観測は、当日のみ有効。




Ver2.7.3 追加機能
・[ライン編集]をマルチボタンに追加
「放射トラバース」か「ライン編集」をボタンで切り替えできます。




・[GPS旋回]をマルチボタンに追加
内臓GPSを受信して、現在位置にTSを旋回します。
ですが、GPSの精度が悪いので、使い物になりませーん。



Ver2.7.4 追加機能
・画面のレイアウト、"フィット"を追加
 5インチ以上の未対応の解像度の機種の場合、自動でフィットになります。




・マルチボタンを拡張
 マルチボタンを20個に、増やしました。
 更に、長押しでサイズや文字列の変更ができます。




Ver2.7.5 追加機能
・マルチボタンにマルチ機能

マルチボタンの、28番を選択すると、”良く使う”の機能を
割り当てることができます。
まさに、マルチボタンにマルチ機能です。





Ver2.7.8 追加機能
・GPS擬似ロケーション対応
 今回の目的は、「GPS旋回」に、外部GPSを使用する事です。
今後、衛星が増えハンディGPSの精度が上がると「GPS旋回」に現実味が出てくるのではという希望です。
内臓GPSではなく、外部のGPSを使用すれば使用機器の範囲が広がります。



Ver2.7.9 追加機能
・追加ボタンを、マルチボタンに併合

・併合することで、操作が統一される。([後方交会 測距モード]と[平行移動]ボタン以外)
・杭打ちに配置するボタンを分ける事ができます。
下記が、追加されています。

良く使う
In
Out
振向サーチ
振向カメラ
音声録音
ライン
測定
登録



Ver2.8.0 追加機能
マルチボタンに、4方向の旋回ボタン!
追加したのは、下記の4個です。
38,←/旋回左
39,→/旋回右
40,↓/旋回下
41,↑/旋回上

「放射トラバース」の画面で、「振向サーチ」に移行することなく
旋回、サーチ、測定でます。



Ver2.8.2 追加機能
・[境界点間測量]、対辺測定データをAPAファイルに保存
 測定方法は、何ら変わりません。
 最初の辺の点名が、APAのファイル名、器械点名になります。

・起動時のBlueToothの確認を廃止しました
 既に、BlueToothがONになっている場合は、下記のダイアログを表示しません。


Ver2.8.3 追加機能
・杭打ち詳細図では[全体]ボタンを[戻る]に




・マルチボタン、[BS:自動視準On/Off]とバッテリーチェックを追加




Ver2.8.8 追加機能
・放射トラ 手書きメモを起動
・自動保存に回数を指定




Ver3.0.0 追加機能
・距離文字の配置機能を追加

「2点間、距離方向角」で、2点間の距離と方向角を表示する事ができます。
2点をタップか、点名の入力で表示できますが、この距離をプロット画面に
残しておく機能です。






Ver3.0.2 追加機能
・ラインデータに線種を追加





・マルチボタンに、測距回数、点名の表示を追加



Ver3.0.4 追加機能

Trimble Robotic 連続測距
Trimble 、ニコン系のモーター機の制御は、A-Surveyでは出来ません。
しかしながら、ユーザの皆様のお陰で新たな使い方が可能になりました。
・Trimble Sシリーズ Robotic(自動追尾機)
・Trimble FOCUS35  Robotic(自動追尾機)
にて、TSを追尾状態にしておくことで、連続測距し
測定値の表示、プロット表示ができます。




・杭打ち、範囲内を色で表現する
杭打ち点までの距離が1cm以内になると、詳細図の円の背景がオレンジ色になります。
更に、「音声ナビOK範囲」の入力値内になると、円の背景が緑色になります。

    
    
Ver3.0.7 追加機能

・ライカ GeoCOM 連続測距
 ライカの自動追尾機は、追尾中に測距はしません。(トラッキング以外)追尾のみ行ないます。
今回、Trimble Roboticと同様に、A-AdB から測距を繰り返す事で
追尾しながら、測距し結果がA-AdBの画面、プロット表示されます。



Ver3.0.8 追加機能

・ライカ GSI 連続測距
 ライカの自動追尾機は、追尾中に測距はしません。(トラッキング以外)追尾のみ行ないます。
今回、Trimble Roboticと同様に、A-AdB から測距を繰り返す事で
追尾しながら、測距し結果がA-AdBの画面、プロット表示されます。


Ver3.0.9 追加機能

・フルスクリーン対応








戻る