AMiTY VP を使う。

トップへ
戻る




 青信号 さんから、AMiTY VP バックレポートを頂きました。

  AMiTY VP は、オークションなどで安価なペンコンとして今も、出品されています。
  しかしながら、屋外で画面が見え難く何らかの工夫をする必要があります。
  また、シリアル通信機能が無いので測量機とのオンラインは無線LAN機能を使用しています。
   
 OSはWIN2000を採用しました。
LANの安定性や、アプリの安定が格段に良い・・と思われます。
ただし、ブートや起動はメチャメチャ遅いです。
モニタのドライバが存在しないため、16色での運用。
ペンのドライバももちろん有りません。
ソフトキーを利用しています。  
 何といっても、マウスが使用できます。
 
 

 フードにて画面が屋外でも見えるようにしています。


 

 素材の中核は、食品トレイの「標準バット4号」と呼ばれる
 モノです。
 

 標準バットには、この他、スリット状に細長い穴の開いた
 モノも有りますので、熱対策ならこちらを選ぶ方が賢明かも
 しれません。
 
 底裏面にはドリルド加工をしています。
 また、樹脂のLアングルで極少量、地面から浮かすようにして
 います。
 
 

 中は、マジックテープが施工されていますが、落下防止の基本
 はマウスと、PCカードです。
 写真には有りませんが、マジックテープはあくまで、カードやPS/2
 端子に常時荷重が掛からないための、用心です。

 
 右下にあるのが、無線LANのアンテナです。
 アンテナの効果はまだ試してませんので、後日。
 
 バッテリーを2本搭載できますが、交換可能なように
 空けています。
 また、右側はコントラストの調整つまみがあります。

 

 
  マウスは、光学式でエレコムの最小のも。
 標準でPS/2アダプターが付いています。
 ハテナフックを施工して、ヘアーバンドゴムで動きを制約して
 います。(落下防止)


 
  今回もまた、青信号さんならではの出来栄えです。
 ペンを使用しないで、マウスを使う事により、フードが邪魔に
 なりませんね。
 さらに、メールを読んで初めて気づきました。
 もう、このAMiTYはペンコンでは無いのです。
 ペンは使えないのですから。(^0^)
 でも、今後も「ペンコン同盟」でお願いします。






トップへ
戻る