TS とペンコン CF-07 を使う

トップへ
戻る




 LEE さんから、TS と ペンコン CF-07 の使用レポートを頂きました。

  パナソニック CF-07は、本体とディスプレイが分離しています。
  無線LANによる、ワイヤレスディスプレイです。
  8.4型微透過型液晶(SVGA・800×600ドット: 256色)・バックライト内蔵で
  タッチパネル式、屋外での視認性もOKです。
  ディスプレイの重量 760g
   
 
 屋外でも画面は、このとおり!。
 片手で持てる、軽さです。

 
 
 
 ケースに入れたパソコンを三脚に置いています。
 ケースの下から、シリアルケーブルを出して、TSと接続します。

 
 
  ディスプレイとパソコン本体は、コードレスなので
 TSの近くで使用する場合もケーブルをひかけるなど
 気を使わなくて済みます。

 
 
 
 
  TSに一人、ミラーに一人、ペンコンに一人。


 道路を隔ててた、このような現場も約50m以内ならば
 ミラー側のペンコンで測定、登録、結線、メモができます。

 

 
  使った感想は、「どんな現場にも持ち込みたい!」と、思うほど非常に
 便利でした。

 トータルステーションを操作する人には視準したら「OK!」の
 指示をもらい、CF−07にて測定・登録をしなければならないので、
 声が届くように無線等で指示を仰ぐようにしています。
 自動追尾のトータルステーションが欲しくなる今日この頃です。

 ちなみに、観測が終わったときに画面に何らかのサインが出ると、
 もっとつかいやすいのでは無いかと思いました。

 私自身も思った以上に使いやすく、一度現場で現況等を測量すると
 ほぼ2回と現場に出向く事は無くなりました。
 悩まず、A−SurveyのSIMAデータをCADに送る事で、
 現況測量は1回で終了・・・っと、言った具合です。





  LEEさん、使用レポートありがとうございます。
 CF-07はコードレスでの使用、画面サイズが大きいなど
 PDAに勝るものがありますね。
 まだ、暑い日が続きますので現場を効率よく、
 早く終われるように大いに、ご活用ください。
 





トップへ
戻る