Ver1.01〜1.60 追加機能説明
戻る


Ver1.60

Ver1.60追加機能


・最終点名リスト、最新を先頭に(Ver1.60.0)

・距離の較差の許容範囲をチェック(Ver1.6.1)



・ソキア(モーター機)、BS:自動視準の設定(Ver1.6.2)



・GeoCOM、自動視準機対応(Ver1.6.3)



Ver1.59

Ver1.59追加機能


・TPS1200(GeoCOM)、外部出力、点名、FH。



・[路]にチェックで、他の計算に追加距離が表示される不具合を修正。(Ver1.59.1)

・TPS1200(GeoCOM)、TSの自動プリズムサーチを使うを条件にしました。(Ver1.59.3)

 
・TPS1200(GeoCOM)の「振向サーチ」に相対を追加。(Ver1.59.4)


・[杭打ち]、自動追尾にて音声ガイドを変更。(Ver1.59.7)

 自動追尾(測距有り)の場合、4回に1回
 杭打ちで"後ろへ、前へ"を再生します。
 "ソキア(モーター機)"で、"追尾測距"状態の場合と
 "トプコン 800,8000(ワンマン測量)"です。

・多角計算の座標登録時に、カウントを表示(Ver1.59.8)

・現場をまたがった継続観測(Ver1.59.9)

Ver1.58

Ver1.58追加機能

・GeoCom、プリズムタイプの設定と記録簿に保存。



 詳細は、各説明書をご覧ください。
 PC版と殆ど説明書は兼ねています。

・SRX,360度プリズムを指定した場合に追尾の開始を問い合わせる。(Ver1.58.5)




・ソキア(モーター機)、自動追尾対応 (Ver1.58.6)
・TPS1200 サーチ変更。



・ソキア(モーター機)、自動追尾、杭打ち連続測定。(Ver1.58.8)


・拡張SIMAを追加
・TPS1200(GeoCOM)、外部出力に対応(Ver1.58.9)




Ver1.57

Ver1.57追加機能


・APAファイルのリストの表示順を日時順としました。
・[後方交会]の記録簿に、測定値を追加しました。(Ver1.57.1)
・SRXターゲットの設定に2つ追加(Ver1.57.2)
・P-in、TS側から音を鳴らす(ライカ対応)(Ver1.57.3)
  ・SRX、ターゲットの追加(杭打ち)
・[境界点間測量]に測距モードの選択を追加。(Ver1.57.4)
・SRX、後視観測時に測距する場合は先にサーチする。(Ver1.57.5)
 ・GPT9000、自動視準を変更
・TPS1100にシートモードを追加。(Ver1.57.6)
・2点結合、[放射]チェックの不具合修正。(Ver1.57.7)
・メモの選択中に、点名の変更を可能としました。(Ver1.57.8)
・SRX、ターゲット情報を記録簿に保存。(Ver1.57.9)

 詳細は、各説明書をご覧ください。
 PC版と殆ど説明書は兼ねています。


Ver1.56

Ver1.56追加機能

・[杭打ち(TS)]、路線有りの場合に情報を追加しました。
・[杭打ち(TS)]に、ミラー位置と杭打ち点までの時計方向と距離の表示を追加しました。(Ver1.56.1)
・[簡易水準測量(器高式)]、[縦断測量(レベル器高式)]に機能追加しました。(PC版Ver2.55.8説明書)(Ver1.56.2)
・SRXターゲット設定機能を追加。(Ver1.56.3)
・GNGGAに対応。(Ver1.56.7)
・杭打ちで逆幅計算(Ver1.56.7)
・[4点交点]に、[3点1方向角]、[2点2方向角]、[直線と円]、[1点方向角と円]を追加しました。(Ver1.56.9)



Ver1.55

Ver1.55追加機能

・SRX、[追尾開始] の修正。
・TPS1200 パワーサーチ対応(Ver1.55.1)
SRXにてターゲットの設定をしない条件を追加。(Ver1.55.2)
TPS1200 パワーサーチ再修正(Ver1.55.3)
SRX 条件に ”モータ設定をしない”を追加(Ver1.55.3)
SRX,タイムアウト時間を変更。(Ver1.55.6)
 ゼロセット時の、タイムアウトを5秒にする。
・”トプコンGPT(ノンプリ対応機)”の振向でQS対応。(Ver1.55.8)
・[境界点間測量]にて、計算距離の手入力に対応。(Ver1.55.9)


Ver1.54

Ver1.54追加機能

・APA、全角文字を含む場合はチェックサムを空白にする。
・[延長点オフセット計算]に、3次元の延長点計算を
 追加。 2点ターゲットでの測定などに使用します(Ver1.54.1)
・GPS誘導、杭打ちの詳細画面と同じ案内を追加。(Ver1.54.1)
・[杭打ち(TS)]、[丁張設置] 測距モードの選択方式を変更しました。(Ver1.54.2)
ライカ TPS1200 対応(Ver1.54.3)
・画面タップの振り向きは近接点を検索する。(Ver1.54.3)
・ライカ 振向、不具合修正。(Ver1.54.4)
・継続時の測距モード修正。(Ver1.54.5)
・[振向サーチ]のモータ設定を修正(ライカ)。(Ver1.54.5)
・簡易水準選択時のエラー修正。(Ver1.54.5)
SRX,RCのトリガーボタンに対応、測距/登録します。(Ver1.54.6)
SRX,RCのトリガーボタンに対応、測距/登録します。[ソキア(2ウェイ有り)](Ver1.54.7)
SRX、[追尾開始]に対応しました。(Ver1.54.8)
・1対回、精度チェックにてエラー回避しました。(Ver1.54.9)


Ver1.53

Ver1.53追加機能
・トプコン、ライカモータ機にて杭打ち時に、ノンプリで概略 位置をサーチする機能を変更。
・杭打ち、自動スクロール対応。(トプコン ワンマン測量)
・「境界点間測量」 [メモ]ボタンを[振]ボタンに変更。
・メニューの『ファイル』に「振向サーチ」を追加。
・「振向サーチ」の4方向キー対応。
・IP NOに、0 を入力出来なかったのを修正。
・[野帳観測・入力]、APAの保存を修正。
・「丁張設置」の右左表示を変更。(Ver1.53.1)
・「延長オフセット計算」の比高計算を修正。(Ver1.53.1)
・ソキアSRX自動視準対応、振向、ノンプリサーチなど。(Ver1.53.3)
・[丁張設置]、法長の表示計算を変更。(Ver1.53.3)
・[逆トラ(放射)]、記録簿に比高を保存。(Ver1.53.4)
・[SIMA読込]、重複点エラーの修正。(Ver1.53.4)
・[杭打ち(TS)]、SRXの旋回処理を修正。(Ver1.53.5)
・トプコン(自動視準)、プリズム定数の設定を修正。(Ver1.53.6)
・杭打ち(TS)にて、"路"チェックでの振向きを修正。(Ver1.53.7)
・ノンプリサーチの変更、説明書を補足。(Ver1.53.8)
"トプコン 800,8000(ワンマン測量)"にて、杭打ち登録後の追尾停止条件を追加。(Ver1.53.9)



Ver1.52

Ver1.52追加機能

・800×480ドット対応。(WS011SH、IS02・・・)
・トプコン自動追尾、パワーモードの設定。
・GPT9000(自動視準)杭打ち旋回精度を5秒としました。(Ver1.52.1)
・[丁張設置]にて、A-P間の距離を水平、斜距離の切り替えを可能にしました。(Ver1.52.2)
・[丁張設置]にて、TSがライカの場合、測距モードが有効になっていなかったのを修正しました。(Ver1.52.2)
・[丁張設置]にて、点名のインクリメント対応。(Ver1.52.2)
・[丁張設置]にて、A-P間の比高を切り替え表示。(Ver1.52.3)
・[丁張設置]にて、1:N を切り替え表示。(Ver1.52.3)
・[延長点オフセット計算]にて、標高を計算。(Ver1.52.4)
・[境界点間測量]の、辺長の丸めを追加。(Ver1.52.4)
・[中心点、幅杭計算]にて、標高を登録。(Ver1.52.5)
・河川路線対応。(Ver1.52.5)
・「隅切り計算」を追加しました。(Ver1.52.5)
・[境界点間測量]の、辺長の丸めを再修正。(Ver1.52.5)
・単回の観測手簿に、距離の較差を追加。(Ver1.52.6)
・トプコン、ライカモータ機にて杭打ち時に、ノンプリで概略位置をサーチする機能を追加。(Ver1.52.7)
・ライカ、自動視準でない場合も旋回する。(Ver1.52.7)
・[丁張設置]にて、既存点のタップで計算可能にしまた。(Ver1.52.8)
・ノンプリサーチ機能で、IHのチェックを追加。(Ver1.52.8)
・[丁張設置]にて、既存点のタップ修正しました。(Ver1.52.9)



Ver1.51

Ver1.51追加機能


・「延長点オフセット計算」の方向角の入力桁を修正。
・杭打ち(TS)、APAのチェックサム修正。(Ver1.51.1)
・杭打ち(TS)、[路]チェック時の入力修正。(Ver1.51.1)
・ライカ、自動視準仕様変更。(Ver1.51.2)
・GPS測定、機種追加。(Ver1.51.2)
・ライカ、GSI8モードをソフトから設定。(Ver1.51.3)
 (今更ながらですが、ゼロセット時に毎回設定します。)
・ライカ、杭打ち、自動追尾修正。(Ver1.51.4)
・「座標法面積計算」、登録後に入力欄を消去。(Ver1.51.4)
・ニコン、ノンプリ対応。(Ver1.51.5)
・「杭打ち(TS)」、[路]チェック時に標高計算を可能にしました。(Ver1.51.6)
・「杭打ち(TS)」、[路]チェック時に標高計算を可能にしました。
 FHの入力、幅杭の左右の指定方法を変更しました。(Ver1.51.7)
・ライカ 測距モードに”高速モード”(FAST)を追加しました。(Ver1.51.8)
・トプコン自動追尾、「低パワーモード」対応。(Ver1.51.9)

Ver1.50

Ver1.50追加機能

・「振」ボタンの仕様変更。
・GPT9000AC(自動視準)を追加。
・GPT-9000(自動視準)に、相対旋回機能を追加。(Ver1.50.1)
・ライカ、杭打ち、鉛直方向の振向を無効にする条件を追加。(Ver1.50.2)
・トプコン、ライカ、杭打ち振向きは、IH、FH=0の場合水平方向のみとしました。(Ver1.50.4)
・ブレーキ点のみ座標計算を修正しました。(Ver1.50.4)
・杭打ち(TS)、[路]にチェック時の不具合修正。(Ver1.50.5)
・GPS測定、点名リスト機能を追加。(Ver1.50.6)
・路線、マイナス追加距離での点名称不具合修正と点名称の変更。(Ver1.50.7)
・3点結合トラバース計算を追加しました。(Ver1.50.8)
・「座標変換2点・ヘルマート」のヘルマート変換にて距離比率を選択可能にしました。(Ver1.50.9)


Ver1.49

Ver1.49追加機能

・スマートレベル・スプリンター150M/250M 対応。
(実機での動作は未確認です。お持ちの方は、動作確認をお願いします。)
・ライカ、自動視準、自動追尾、なし を追加。
・「境界点間測量」、記録簿修正、較差のOK、NGを表示。(Ver1.49.1)
・「TS条件」を測量機毎に、保持。(Ver1.49.1)
・「杭打ち(TS)」にて、線形外の点も座標登録可としました。(Ver1.49.2)
・「境界点間測量」、手入力時も距離補正を行います。(Ver1.49.3)
・延長点オフセット計算に夾角を追加。(Ver1.49.4)
・ライカ 「振向サーチ」にてサーチ中に連続音を鳴らす。(Ver1.49.5)
・トプコン 「杭打ち旋回」にて鉛直への振り向きを修正。(Ver1.49.5)
・「境界点間測量」、継続観測を可能にしました。(Ver1.49.6)
・「振」ボタンの機能を切り替えとしました。(Ver1.49.7)
 「旋回サーチ」のスクロールバー操作変更。



Ver1.48

Ver1.48追加機能

・「P-in無線システム」を「データ通信」で使用可能としました。
・GPT9000での、APAデータ欠落の対処を行いました。
・「野帳観測・入力」にて、手書きメモの編集を可能にしました。(Ver1.48.1)
・BS観測で距離有りの場合に距離の補正計算に対応。(Ver1.48.2)
・[境界点間測量]に、精度管理チェックを追加しました。(Ver1.48.4)
・ライカ EGLのON,OFF確認をなくしました。(Ver1.48.5)

・「野帳観測・入力」に、ゼロセット機能を追加。(Ver1.48.6)
・”ソキアのNET1200”を追加、距離単位をmmとしました。(Ver1.48.6)
・「丁張設置」にてIH,FHを変更した場合に再計算します。(Ver1.48.6)
・「中心点、幅杭計算」にて、任意の追加距離で登録した
 中心点を後でタップして入力点として指示可能とした。(Ver1.48.6)
・「境界点間測量」の補正計算を変更。(Ver1.48.6)
・ライカ エラー表示の制御を追加。(Ver1.48.6)

Ver1.47

Ver1.47追加機能

・APAデータに器械情報などが不足しても計算、手簿を作成可能にしました。

・「杭打ち(TS)」にて、詳細表示の場合処理の高速化。

・「杭打ち(TS)」のAPAデータにメモを保存。

・「後方交会(放射法)」にて、A点をゼロセットしなかった
 場合に、「放射トラバース」へ継続すると
 夾角が測定値になっていた。

・文字、数値のソフトキーに、"DEL"キーを追加しました。(Ver1.47.1)
  定義文字は"DEL"か"DE"です。

・点名リストに、登録点数+1 を追加しました。(Ver1.47.2)

・”放射トラバースにて水平距離を表示”のチェックが付いていると距離を手入力できません。
  この場合に、メッセージを表示するようにしました。(Ver1.47.3)
・点名リストを50個に拡張、新点名をリストのトップに表示。(Ver1.47.3)

・後方交会、A点測定時にゼロセットするように変更。(Ver1.47.4)
  [観測条件1]の設定が有効。

・ライカ 「振向サーチ」機能の追加。(Ver1.47.5)
  水平、鉛直方向に自由に旋回。TSの視準方向、表示機能追加。
  スクロールバーに変更。PC版の取り説をご覧ください。

ライカ 「振向サーチ」機能にEGL(ガイドライト) のON,OFFを追加しました。(Ver1.47.6)
  これに伴い説明書を修正しました。

・「座標変換BL−XY」の入力値チェックを無くしました。(Ver1.47.7)

・観測手簿の、セット間較差の不具合を修正しました。(Ver1.47.8)

・ライカ レーザーポインターのON,OFF機能追加。(Ver1.47.9)

Ver1.46

Ver1.46追加機能

・座標点名変更、削除、改良。
・杭打ち(TS)にて、杭打ち済み点の色を変更。
・P-in無線にて、ペンタックス修正。
  この修正は、A-Pin、A-SurveyCE、A-SurveyPC で行っています。
  よって、必ずこの3つを同時にバージョンアップしてください。
  TSがペンタックスでない方も、更新する必要があります。


・「杭打ち(TS)」のBS角にて、359.5955から0.0005の範囲を許容としました。(Ver1.46.1)
 0-0-0ではなくても、上記範囲ならばOKとしました。
 1秒読みのTSなど、0-0-0に合わせるのが困難な為です。
 計算は、読定値を使用しています。

・P-in無線にて、TS側から音のメッセージをミラー側に送る。(Ver1.46.2)
・杭打ち(TS)にて、詳細表示を変更。(Ver1.46.2)

・簡易水準、縦断、多角の補正計算を変更しました。(Ver1.46.3)

・多角計算にて、放射点を計算する方向角を選択可能にしました。(Ver1.46.4)

「GPS座標測定」に大きなボタンを使用可能にしました。(Ver1.46.5)

・後方交会(2円の交点)からも継続観測を可能にしました。(Ver1.46.6)

・デジタルレベルでの測定にて、距離値を保存できるようにしました。(Ver1.46.8)

・レベル観測に、タイムアウト時間の指定を追加しました。(Ver1.46.8)



Ver1.45

Ver1.45追加機能

 ・「野帳観測・入力」にて、登録、保存の音声案内を追加。

 ・幅杭点名に少数以下の指定を追加。

 ・多角計算の、登録時に全て上書き処理を追加。(Ver1.45.1)
 ・ライカ、杭打ちにて測定モードの選択を追加。(Ver1.45.1)

 ・ノンプリモードでは、自動的にFHを0.000となるように変更しました。(Ver1.45.5)

 ・手書きメモにて、砂時計が保存される件を対処しました。(Ver1.45.7)

 ・「ライン編集」の「入力」機能に“中点”を追加。(Ver1.45.8)

 ・「放射トラ」、「杭打ち(TS)」にて、BSのみで継続観測を可能にしました。(Ver1.45.9)
 ・「丁張設置」にて、継続観測の修正。(Ver1.45.9)


Ver1.44

Ver1.44 追加機能

 ・「野帳観測・入力」にて"手書きメモ"を追加。

 ・トプコンモータ機種にて、杭打ち時に旋回機能追加。


 ・「放射トラ」、「杭打ち」にて、IH、FH共に0.000の場合は
  標高を-9999で登録する。(Ver1.44.2)

 ・P−in無線の接続を改善しました。(Ver1.44.2)

 ・「野帳観測・入力」の削除を修正。(Ver1.44.3)
 ・SDフォーマットの拡張子をCRDに変更。(Ver1.44.3)
 ・「杭打ち、座標登録する」の条件を保存。(Ver1.44.3)
 ・杭打ちの記録簿フォーマットを変更。   (Ver1.44.3)
 ・杭打ち座標登録の音声変更。      (Ver1.44.3)

 ・杭打ち情報をA-PinCEの画面に表示。 (Ver1.44.4)

 ・ライカ測量機にて、「反射テープ」に対応。(Ver1.44.5)
 ・対回データと単回データが1ファイルにある場合に
  トラバース計算を可能としました。     (Ver1.44.5)
 
  ・ライカ測量機にて、「反射テープ」、「ノンプリ」を変更。(Ver1.44.6)

 ・「ライン編集」にて、2直線の同時接続機能を追加。(Ver1.44.7)
 ・「座標入力」にて、線分の端点の座標登録機能を追加。(Ver1.44.7)


Ver1.43

Ver1.43 追加機能


 ・線形計算にブレーキ機能を追加。

 ・放射トラバース手入力、水平角に負の角で計算。

 ・ 線形計算のブレーキ機能を修正。(Ver1.43.1)
 ・ トプコン外部入力、エラーチェック。(Ver1.43.1)
 ・ ライカ外部入力対応。(Ver1.43.1)
 ・ 杭打ちで座標登録。(Ver1.43.1)
 ・ 杭打ち、詳細に標高を表示。(Ver1.43.1)

 ・「器械点情報」を追加。(Ver1.43.2)
 ・「野帳観測・入力」、開始時間、終了時間対応。(Ver1.43.2)
 ・「放射トラ」の記録簿に高低差を記録。 (Ver1.43.2)
 ・ライカ外部入力対応(Ver1.43.2)
 ・DR5600 くい打ちサーボ機能修正。(Ver1.43.2)
 ・タイムアウトエラー表示中は、外部入力不可。(Ver1.43.2)
 ・「逆トラ(放射)」のレベル観測を修正。(Ver1.43.2)

 ・「SIMA読込」にて画地の上書き。(Ver1.43.3)
 ・「境界点間測量」にて、登録済み点間を結線。(Ver1.43.3)
 ・“前回の観測を継続しますか”の処理を変更。(Ver1.43.3)

 ・「表の文字を標準にする」条件を追加。(Ver1.43.5)

Ver1.42

Ver1.42 追加機能


 ・「境界点間測量」を追加しました。
 ・CSVファイルの保存、読込みにメモを追加しました。(Ver1.42.1)



Ver1.41

Ver1.41 追加機能


 ・ 「牛方商会」様の測量機 テオ・レ に対応しました。

 ・ TS条件に”オンラインしない”を追加



Ver1.40

Ver1.40 追加機能


 ・ソキア精密連続に対応。




Ver1.39

Ver1.39 追加機能

 ・ライカ、自動追尾、自動視準対応。

 ・ライカ、パワーサーチを実行後にステータスを取得する。(Ver1.39.1)

 ・ライカ、ダブルタップにて手書きメモの入力を条件に。(Ver1.39.1)

 ・BSをアクションボタンで実行する。(Ver1.39.1)

 ・トプコン 800,8000(ワンマン測量)、ゼロセットの変更。(Ver1.39.2)

 ・登録時に手書きメモを起動する。(Ver1.39.2)

 ・トプコン 800,8000(ワンマン測量)、のP-in無線対応。(Ver1.39.3)
 
 ・メモの選択を二つとしました。(Ver1.39.3)

 ・計算条件を整理、座標面積計算の座標丸めを追加。(Ver1.39.4)

 ・ニコンの測量機の選択を増やしました。(Ver1.39.4)

 ・観測条件の追加(Ver1.39.7)
  「TS外部入力で自動登録する」 
  「TSアクションボタンで自動登録する」

 ・「放射トラ」、「逆幅」表示の不具合修正。(Ver1.39.8)
  「放射トラ」にて、「逆幅」表示の場合です。
  観測値した点が、路線外の場合逆幅計算にて当然エラーになります。
  エラーなので、"NO"と"幅"、"H"の欄は空白にしてエラーを
   表現しています。
  この状態で、そのまま「登録」すると異なる座標値が
   保存されていました。

 ・DL-103 再々修正。(Ver1.39.8)
 ・「TS条件」の表現を変更。(Ver1.39.8)
  ”連続測距しないTS”という表現に変更しました。

 ・DL-103R対応(Ver1.39.9)
 ・2点、ST計算にて平面距離、球面距離選択。(Ver1.39.9)

  

Ver1.38

 Ver1.38 追加機能

 ・P-in 無線システム機能を追加。

 ・ソニー BlueTooth GPS GU-BT1 対応。

 ・ライカ、パワーサーチ機能追加。(Ver1.38.1)
    水平と、鉛直を入力して、測距モードで選択。

 ・「外部出力機能を使用する」を条件にしました。(Ver1.38.1)
  これで、プログラムが1本化されました。

 ・「座標送信・保存」にて”全て”の選択を追加。(Ver1.38.1)

 ・トプコンの「TS条件」から、”CRLF”の設定をなくしました。(Ver1.38.1)

 ・水準関連にて、BS,FSをEnterで空白にしました。(Ver1.38.1)

 ・「放射トラバース」にて、XY,逆幅の場合は(Ver1.38.1)
  数値の色を変更しました。

 ・IP点が2点での逆幅計算に対応しました。(Ver1.38.2)

 ・XY表示時の、アクションボタンを修正しました。(Ver1.38.2)

 ・「放射トラ」にて、水平距離表示の場合は
  距離のキー入力は不可とした。(Ver1.38.3)

 ・「多角・閉合」にて、”終点データがない”という
  メッセージで計算に進めない不具合を修正。(Ver1.38.3)



Ver1.37

 Ver1.37 追加機能


 ・「丁張設置」GPS観測(RTK)に対応。

 ・「野帳観測・入力」にて、メモの保存機能を追加。

 ・「野帳観測・入力」、「放射トラバース」にて、メモを保存した場合
  APAファイルにメモを記録するようにしました。

 ・カード名称ファイル対応(Ver1.37.1)
 
 ・PocketPC2003 SE 対応(Ver1.37.1)

 ・最終点名リストを30個に増やしました。
  最新の使用点名をリストの先頭になるようにしました。(Ver1.37.2)

 ・杭打ちにて、路線のチェックをはずした時に
  IH・FHの値が元に戻るようにしました。(Ver1.37.2)

 ・放射トラバースで、測距モード変更後に水平角に
  フォーカスが移動するように修正しました。(Ver1.37.2)

 ・「放射トラバース」の表示を、「X,Y,H」または「逆幅」にした場合、
   BS観測時に表示される与点間の較差の水平距離を修正しました。(Ver1.37.3)



Ver1.36

 Ver1.36 追加機能

 ・ 「手簿計算」単回、対回の手簿を作成する機能を追加。

 ・  対回観測APAデータからのトラバース計算。

 ・ 「放射トラバース」にて、自動スクロール機能を追加。

 ・ 「放射トラバース」にて、「結線」チェックボタンを大きなボタンで表示する。

 ・  CSVファイルの保存、読み込み。

 ・  後方交会に、距離の補正計算を追加。

 ・ 座標点の範囲を指定して削除する機能を追加。 (Ver1.36.1)      
 
 ・ 「延長点オフセット計算」に方向角での計算を追加。(Ver1.36.1)       
 
 ・ 「放射トラバース」と「ライン編集」を1ボタンで切り替える。(Ver1.36.1) 

 ・ ソキア HVD アウト機能対応しました。
  Ea データ(測距)を測量機から出力すると、座標登録されます。(Ver1.36.2)
  ミラー高は無視しています。

 ・ 器械高、目標高の未入力をチェックする(Ver1.36.3)

 ・ ダブルタップにてメモの入力を行う(Ver1.36.3)

 ・ GPS座標登録で、メモを入力する(Ver1.36.3)

 ・ データ管理のSD座標保存で、メモを保存(Ver1.36.3)

 ・ 放射トラバースにて、表示切り替機能を追加。(Ver1.36.4)

 ・ 路線のNO表示の桁数を指定可能にしました。(Ver1.36.4)

 ・ ダブルクタップにて手書きメモの入力を行う。の機能を測量機がライカの
   場合に限定に変更。(Ver1.36.4)

 ・ 画面の表示範囲の記録数を増やしました。(Ver1.36.4)

 ・ 杭打ち、丁張設置にて登録時にメモを保存する。(Ver1.36.5)

 ・ 現場の一覧にて、前回の現場を選択状態にする。(Ver1.36.6)

 ・ 「杭打ち(TS)」、[路線]にて複数の指示方法に対応しました。(Ver1.36.6)

Ver1.35

 Ver1.35 追加機能

 ・ 「丁張設置」観測機能を追加しました。

 ・ 「杭打ち(TS)」にて路線の中心点、幅杭の杭打ちを
   可能としました。
 
 ・ 「座標送信、保存」にて、SIMA,APA,SD座標データをフォルダーを
   選択して保存できます。(Ver1.35.1)

 ・ 「座標受信、読込」にて、SIMA,APA,SDを読み込めます。(Ver1.35.1)

 ・ 「杭打ち(TS)」にて、詳細図を測定ボタンとする機能を追加。(Ver1.35.1)

 ・ アクションボタンのウェイトを可能にしました。(Ver1.35.1)


Ver1.34

 Ver1.34 追加機能

 ・ 「牛方商会」様の測量機 LTS300NTS-300 に対応しました。

 ・ 「放射トラバース」、「杭打ち(TS)」にて器械点の標高を計算。


Ver1.33

 Ver1.33 追加機能

 ・ 無線LANを使用して、器械側とミラー側で
   遠隔操作ができます。

 ・ 「杭打ち(TS)」にて、ゼロセットがされていない場合
   警告を表示するようにしました。
   (後視角が10秒以上の場合。)

Ver1.32


 ・ 「手書きメモ」機能を標準プログラムとしました。
   これにより、プログラムは1本化されました。
   データ保存にかかる時間は、以前と変わりませんが
   砂時計マークは表示されません。

 ・ IH,FHの初期値を 1.500 から 0.000に変更しました。(Ver1.32.1)

 ・ 平行移動で、求点が、与点A,Bと同一点名の場合も計算可能とした。(Ver1.32.1)

Ver1.31

 Ver1.31 追加機能


 ・ トプコン電子レベル DL−103対応。

 ・ 「座標送信」、「座標受信」機能を追加。

 ・ ソキアの測量機の選択を3種類に分類しました。(Ver1.31.1)
     1、ソキア(2ウェイ有り)
     2、ソキア(2ウェイ無し
     3、ソキア(SET5F,5W,3E,4E)

 ・ トプコンのノンプリ対応機種を2種類に分類しました。(Ver1.31.1)
     1、トプコン GPT1000 (ノンプリ対応機)
     2、トプコン       (ノンプリ対応機)

 ・APA通信に、ACK/NAK の選択を追加。(Ver1.31.2)
 
 ・SIMA、APA、SD保存にて、座標点の種類を選択し(Ver1.31.2)
  保存する機能を追加。

 ・「放射トラバース」、「多角観測・入力」に大きな「登録」ボタンを
  使用可能にしました。「システム2」条件で設定。(Ver1.31.3)



Ver1.30

 Ver1.30 追加機能



 ・ トプコン 「GPT-8000のリモコン、自動追尾によるワンマン観測に対応」
 
 ・ トプコンGPT ノンプリモードに対応。

 ・ トプコン、ゼロセット処理を変更。


Ver1.29

 Ver1.29 追加機能 


 ・ 「杭打ち(TS)」にて、左右、前後、上下の表示を色分け。

 ・ 「放射トラバース」、「杭打ち(TS)」にて観測を継続できるようになりました。
   「後方交会(放射)」からも継続して観測できます。

 ・ 「杭打ち(TS)」にて、「詳細」からプロット画面に戻った場合の画面表示を変更。

 ・ 「座標変換2点・ヘルマート」に「全て」選択機能を追加。

 ・ 「中心点、幅杭計算」にて、NOに主要点を指示した場合に
   追加距離の計算ができていませんでした。
   (既存現場の場合再度、主要点座標の登録を実行後に使用できます。)(Ver1.29.1)

 ・ 座標法面積計算にて、少数点以下7桁表示にしました。
   7桁目は、1/2した結果なので、0か5になります。(Ver1.29.1)

 ・ 「後方交会(放射法)」にて、夾角が180度を超えた場合に
   自動で測点位置を判断するように変更しました。(Ver1.29.3)

 ・ ソフトキー定義ファイルにて、ソフトキーを閉じる機能は
  "X"(アルファベットのX)でしたが、"×"(全角のカケル)に変更しました。
  作成された、定義ファイルを変更してください。
  これにより、点名に"X"が使用可能になります。(Ver1.29.4)

 ・ 「縦断曲線の計算」にて、NOによる指定を追加。(Ver1.29.5)

   

 ・ 辺長の切り捨て表示の不具合を修正しました。(Ver1.29.6)

 ・ 「杭打ち(TS)」にて、与点間の距離チェック機能を追加しました。(Ver1.29.7)

Ver1.28

 Ver1.28 追加機能

 ・ 「座標変換2点・ヘルマート」計算を追加しました。

Ver1.27

 Ver1.27 追加機能

 ・ ペンタックスの測量機を機能毎に詳細に分類しました。

 ・ ソキアの測量機にて SET5F,5W 用に機種の選択を増やしました。

 ・ 「縦断曲線計算」の計算結果を記録簿に登録する機能を追加しました。

 ・ 「支距法設置計算(単曲線)」の計算結果を記録簿に登録する機能を追加しました。

 ・ 「支距法設置計算(単曲線)」にて分割数での計算を追加しました。

 ・ 点番のみを使用することを可能にしました。

 ・ 点名のインクリメントを見直しました。

 ・ 現場内の最終点名リストの作成機能と表示機能を追加しました。

 ・ 杭打ち(TS)で登録した場合の点名に付加する文字を設定可能にしました。

 ・ 延長点オフセット計算にて A点基準 で計算を可能にしました。

 ・ ソフトキー定義ファイルの拡張を行いました。

 ・ 「ライン」ボタンをトグル方式に変更し、削除を可能にしました。

 ・ 近傍点リストの検索を、実寸ではなくて画面のドットでの検索に変更しました。

 ・ 「野帳観測・入力」の APAリストにて、複数ファイルを選択可能にしました。
  
 ・ アクションボタン処理を変更しました。

 ・ ソフトキーの文字列用にページ切り替え機能を追加。(Ver1.27.2)。

 ・ 杭打ち(TS)にて、一連の路線データが入力されている場合、
   「登録」ボタンにて測定座標を登録します。(Ver1.27.2)。

 ・ ソフトキー定義ファイルに、文字の太さの定義を追加しました。(Ver1.27.3)。

Ver1.26

 Ver1.26 追加機能

 
 ・ 路線一連計算

   IP法による路線計算機能を追加しました。
   「IP法設置計算」、「中心点、幅杭計算」、「逆幅杭計算」、「杭打ち(TS)」です。


Ver1.25

 Ver1.25 追加機能

 ・ 「画面」メニューに「前画面」機能を追加。

 ・ 「表示条件」に、拡大縮小時の倍率の指定を追加。

 ・ 「点表示条件」に、"表示する"、"表示しない"の指定を追加。

 ・ 「野帳観測・入力」にて、APAファイルの追加読み込みを可能とした。

 ・ 「GPS座標測定」にて、登録点を結線する機能を追加。

 ・ ソキアTSにて、「ステークアウト」機能がある機種の場合
   TS側で杭打ちが可能なように、ステークアウト機能を追加。

 ・ 新たにソフトキーを作成しました。(Ver1.25.1)。

 ・ ソフトキーを少し変更しました。 (Ver1.25.2)。
   ×キーの色を別色にしました。
   一番右端の列幅を少し広くしました。

    
   ソフトキーの定義ファイルには、全角(漢字)も使用できます。
  但し、APAファイルでは全角文字は使用できないことになっています。
  APAファイルに全角文字がある場合で、通信機能でPCへAPAファイルを
  転送した場合、エラーになると思います。
  ご注意ください。
  直接APAファイルをPCのソフトで読み込む場合は殆どの場合OKです。


 ・ ライン編集においても、測点指示にて近傍点リストを表示します。(Ver1.25.3)。

 ・ 測点名の文字数を半角20文字としました。(Ver1.25.3)。

 ・ 杭打ち(TS)にて 測定方法を選択可能としました。(Ver1.25.3)。
   測量機種がソキア、トプコンの場合。

 ・ 「野帳観測・入力」にて、APAファイルの選択で(Ver1.25.3)。
   データの内容を確認後に読み込みを可能にしました。


Ver1.24

 Ver1.24 追加機能


 ・ 面積分割計算を追加しました。

   「面積分割 定方向」及び「面積分割 一定点」。



Ver1.23

 Ver1.23 追加機能


 ・ 「放射トラバース」、「座標入力」、「測点名の変更・削除」にて
   メモ(標識)の登録が可能になりました。
   登録したメモをSIMAファイルに保存したり、プロット画面に
   表示できます。
   また、記録簿にも保存されます。

 ・ 記録簿の保存ファイルを、現場名または日付から
   選択可能としました。(Ver1.23.2)。



Ver1.22

 Ver1.22 追加機能

 ・ライカ TSにて、自動視準のON、OFF。
  杭打ち時のモーター駆動機能を追加。

Ver1.21

 Ver1.21 追加機能

 ・多角、放射トラバースにて、距離複数回観測。

 ・始点、終点が相互に視準している結合トラバースに
  自動路線にて対応。

 ・座標入力、点名変更・削除とXY−BLにて
  少数以下6桁に対応。

 ・センター交点計算を追加。
Ver1.20

 Ver1.20 追加機能

 ・ 縮尺係数、投影補正。
 
 ・ ゼロセット

 ・ 水平距離表示。

 ・ 表示点の指定

 ・ 近似点の選択
 

Ver1.19


 ・ FALDY、Flex とオンラインが可能になりました。
 

Ver1.18

 Ver1.18 追加機能


 ・ 「支距法設置(単曲線)」計算を追加。
 
 ・ 後方交会に標高計算機能を追加。
Ver1.17

 Ver1.17 追加機能


 ・ 「杭打ち(TS)」に詳細表示を追加。


Ver1.16

 Ver1.16 追加機能


 ・ 「ライン編集」にボイスメモ機能を追加。
  

Ver1.15

 Ver1.15 追加機能

・ 「ライン編集」に補助線作成機能を追加。
   前方交会機能です。


Ver1.14.3

 Ver1.14 .3追加機能


 ・ 簡易水準に摘要を追加。
   
 ・ 縦断測量を追加。
    簡易水準+距離の入力。
    
 ・ 4点交点にシフトを入力して計算。

 ・ 座標の最大点数を3000点固定とした。

 ・ 放射トラバースの水平距離の計算桁を少数以下3桁とした。

 ・ ライカRTKに正式対応しました(Ver1.14.2)。
 
 ・ 放射トラバース BS観測にて既知点間の距離差を表示する。(Ver1.14.3)

 ・ 交点計算関連にて与件間の距離を表示する(Ver1.14.3)

 ・ 杭打ち(TS)にて、次の点への方向と距離を表示する。(Ver1.14.3)
 
Ver1.13

 Ver1.13 追加機能

 ・ 野帳観測・入力
  
 ・ 自動路線トラバース計算(放射、開放、結合、2点結合、閉合)
   
 ・ GPSでの測定時に平均回数が1以上の場合、較差を表示する。


Ver1.12

 ・ ペンタックス製測量機とオンラインが可能になりました。
   正式対応版です。

Ver1.11

 Ver1.11 追加機能
 
 ・  「手書きメモ」に機能を追加しました。
   
 ・  「記録簿の表示」機能を追加しました。
  
Ver1.10

 Ver1.10 追加機能 

 ・ ライカ、ノンプリモードに対応しました。

 ・ 任意座標系に対応しました。GPSによる測定、誘導に使用できます。


Ver1.09

 Ver1.09 追加機能

・ ライン編集に平行、直角、接続など機能を追加。

・ 放射トラバースにて結線付き観測機能を追加。 
 
・ 放射トラバースにて、継続観測を可能にしました。
 
・ SIMA保存にて、線データを画地開放データで保存できるようにしました。

・ 「表示条件」に線データの表示条件を追加。


Ver1.08

 Ver1.08 追加機能

・ ライカ、ウイルド測量機とオンラインが可能になりました。
  ノンプリモードは、未対応です。

・ 座標の一覧表示機能を追加しました。


Ver1.07

 Ver1.07 追加機能

・ 「簡易水準測量(器高式)」を追加。
  ライカ(NA2000,NA3000)、ソキア(SDL30)が使用できます。

・ トラバース、杭打ち(TS)にて保存されるAPAファイル名を器械点名とした。

・ ソキア製測量機からの外部データ出力に対応。

・ コースモード、高速モードに対応。


Ver1.06

 Ver1.06 追加機能
・ 計算履歴を記録簿に保存する機能を追加。

Ver1.05

Ver1.05 追加機能


・ 放射トラバーにてオフセット観測。

・ 逆トラ(放射)にてレベルによる高さの杭打ち機能を追加。

・ 手書きメモ機能を追加。

・ 器械点、後視点指示のある計算にて以前使用した点名をリストから選択。

・ 現場毎に、使用した点名の番号の最終番号を表示します。


Ver1.04

Ver1.04 追加機能

・ ニコン測量機とオンラインが可能になりました。
  (トプコン、ソキア、ニコン測量機とオンライン可能)

・ 杭打ち(TS)の機能を変更しました。


Ver1.03

Ver1.03 追加機能

・ 逆トラ(放射)計算機能を追加しました。

・ SD、APA座標保存にて、TS名、JOB名の入力を追加。


Ver1.02

Ver1.02 追加機能

・ 可愛い女の子の音声ガイドが付きました!。

・ PocketPC2002にて、SDカードも使用可能になりました。


Ver1.01

Ver1.01 追加機能

・ トプコン測量機とオンラインが可能になりました。

・ 面積計算に使用する座標の少数以下の桁数の条件を追加。

・ 画地ファイルの選択時に地番と同時に面積を表示。

・ ソキア製測量機とオンライン時にチェックサムの有り、無しを指定可能とした。

・ 観測・計算画面にてプログラムの選択をメニューからも可能にしました。

・ プログラムを起動時に前回終了時の現場を自動起動できる機能を追加しまた。


 



戻る